機能改善・痛みの改善

|Service


どこから痛みはくるのか?

痛みの改善にまず必要な事は痛みがどこからくるのか?ということです。

Disport World ではSFMAという診断ツールや、その他のテストを行い痛みの究明とともに改善案を模索します。

 

SFMAとは

立って前屈をした時に腰が痛くても、座って脚を伸ばしてつま先に向かって手を伸ばしても痛く無い事があります。

同じ前屈でも重力のかかり方が違うだけで痛みは出ません。

この場合、マッサージして腰の筋肉をほぐすだけでは腰痛が改善されるかもしれませんし、楽になるかもしれません。

が、改善に されない事が多いかもしれませんし、また、すぐ腰痛になるかもしれません。
呼吸などによる姿勢の影響もあるもしれませんが、お腹の筋肉がタイミングよく使えていなかったり、余計にいつも力んでいて力を抜く事ができないなどのモーターコントロールと呼ばれるものの可能性もあります。

分類分けをする

SFMAでは4つの分類分けをします痛みがなくて、

1)最適な動きが出来る

2)痛みがなくて、最適な動きが出来ない

3)痛みがあって、最適な動きができる

4)痛みがあって、最適な動きが出来ない

の4つに分かれます。

 

⑴は問題ないですよね?

 

⑵は運動においてリスクです。ずっと内股でスクワットのような動きをしてたら痛くなりそうですよね?⑵のようなヒトは最適な動きが出来るように動きのトレーニングと動きの邪魔をするものを取りの除く事をします。

 

⑶、⑷はタイミングや動作のクセやパターンの問題かもしれませんが、ちゃんと一度病院で診てもらって診断をしてもらった方が良いです。

 

最適に動けていない事が痛みを生んでいる場合は、ちゃんと最適に動けるようになる事が痛みの改善案となります。

マッサージ、鍼治療などだけが痛みの改善ではありません。

最適な改善案を提供いたします。

Comments

comments