原点 〜佼成学園野球部 藤田監督〜

|ブログ

2EDni8vKSCGplX6tFdfKpw

佼成学園野球部 藤田監督

僕らの恩師である藤田監督に卒業以来の18年ぶりにお会いすることができた。

高校三年間の青春を野球と共に過ごした藤田監督と再開する機会が突然舞い込んできた。

 

4個下のりきのお店(Juice&Salad.RAW)に立教大学で藤田監督と同期だった方が常連さんで、その方が今度「藤田連れてくるよ」と話をしていたようだ。

で、りきから連絡もらい、「今日監督がくるんできませんか?」と声をかけてもらって18年ぶりの再開となった。

 

今年55歳になられた監督。

僕らが高校1年の時に、佼成学園に来た。当時36歳と言っていた記憶がある。

かれこれ20年。

それでも監督は僕らの名前や、当時のことをはっきりとたくさん覚えていてくれた。

 

現在は部員120人を超えるマンモス野球部を率いている。

そして強豪。

 

僕らのときはお恥ずかしながら公式戦0勝という勝てない時代を過ごした。

僕らが1年生の時は2年生と3年生合わせて8人。

1年が12〜3人だったかな?

 

最近は

「野球どこでやってたの?」

「佼成学園です」

「おお!あの強いところね!」

といわれる事も増えた。

 

学生時代は本当に怖いと思うことも多々あった。

練習開始時間から4時間、監督室から出れず、怒られもしました。

泣きながら部室に戻った事も多々。

たくさん期待もかけてもらったんだと大人になって思う。

 

人間的にもたくさん成長させてくれた、監督・野球部。

 

今でも佼成学園野球部のファンである。

 

だから毎年、大会は応援にいく。

 

がむしゃらにがんばっていた青春と原点を思い起こさせてくれる。

 

いつも

「また明日らから頑張ろう」

と立ち返る場所である。

 

今、こうやって卒業して無事に仕事できているのも監督のおかげです。

 

佼成学園野球部バンザイ!