日本代表ナショナルのトレーナー4人とJリーグと港区のトレーナー

|トレーナー

IMG_0097

東梅健太郎と4人の日本代表ナショナルのトレーナーと港区六本木のトレーナー

先日、トレーナー6人と俳優一人の集まりがあった。

 

東梅健太郎こと、健ちゃんをみんなで囲むのが目的でした。

 

メンバーは・・・・

健ちゃんは現在、福島で治療院を経営し、J3の福島ユナイテッドFCのトレーナーもしている。

一緒に囲んだメンバーはアスレチックトレーナー養成の同期のメンバー

ウエイトリフティング、レスリング

ウエイトリフティング、レスリング代表チーム 梶尾安正さん

女子7人制ラグビー

女子7人制ラグビー代表チーム 平井晴子さん

IMG_0101

ボート代表チーム 野村幸史くん(一番右)

IMG_0095

空手代表チーム 安東映美さん

 

健ちゃんは今月からスペインに旅立ちます。

 

 

その前に健ちゃんにみんなで会いました。

スペインチームに行くことになり、その前に日本で会える最後の機会でした。

 

というわけで、やっぱり肉ですね笑

IMG_0097

 

 

 

 

話は脳震盪へ

サッカーチームでの脳震盪の話から、脳震盪の選手への教育、トレーナー側の理解などへと話が進む。

 

大事な試合前に脳震盪を起こし、次の試合に出たいという選手、選手を守らないといけないチームとトレーナー。

 

直後に吐き気などあったが時間がたち、症状がすでになく、もう大丈夫だと思っている選手は出れるし、出してくれと願う選手。

 

出してあげたいけど、選手を守る立場からは出せない立場。

 

ラグビーでは選手、チームにおいてみんなが脳震盪への理解があるが、そうではない競技が多い。

 

コンタクトスポーツ以外においても脳震盪の理解の必要性の必要性。

 

ふざけた話とかもしていたのに、急にスイッチが入るみんな。

 

みんな、トレーナーという仕事が好き。

 

みんなトレーナーという仕事に誇りを持っている。

 

トレーナーとして、最高の仲間に出会えたことに感謝。

 

環境が違えど。

 

お互いをリスペクトしあえるトレーナー

 

みんなが大好きですわ。

 

必要とされる、トレーナーが溢れる社会を。

 

トレーナーって本当にいい仕事だと心から思っています。

 

健ちゃんのスペインでの活躍と、お互いの活躍を!!

 

刺激になる仲間バンザイ!!

 

 

 

 

 

 

Comments

comments